人気ブログランキング |

最後の晩飯

年が明けてしまった。
新年明けましておめでとうございます。

このブログをご覧になって頂きありがとうございました。

今回の冬の作業の最後を書いていなかったので,改めて。

作業を終え,魚でも食べたいなということで町へ出ることに。
いつものレストランは年末は昼間のみ営業なので,調査団御用達のランテルナへ。
このレストランは近年、スローフードに関心が強く,地場産を推してくる。

マスターのルイジに挨拶して,もろもろ話。
「ところで、今日は何にする?」
「魚が食べたいんだけど。」
「いや、魚は無いんだ.クリスマスまでで出払っていて、また明日から入荷するんだ!」
「えっ?」
「この地域では24日に魚を食べて,25日は子羊食べて、26日からは軽くして、また年末に魚を食べるんだ。だから今日は魚は新鮮なのが無いし、たべたかったら電話してくれればいいのに。」
「そりゃ、残念だ.」
「バッカラ(干し鱈)なら有るぞ、それでどうだ。」
「ああ、前菜はそれでいい。プリモはなにがある?」
「ミネストローネはどうだ?」
「スープね。そりゃ軽くてよい。」
「メインはどうする?」
「ぼくはステーキで厚いの。」
「それなら、ベネヴェントの肉がある。見せてやる。どうだ。」
「それでいい。お願い」
など、だいたいこういうやりとりで、注文。

まずは前菜その1。
b0015591_00204116.jpg
バッカラとインゲン豆の煮込み。
前菜その2。
b0015591_00204120.jpg
バッカラのサラダ
b0015591_00204280.jpg
前菜その3
バッカラのすり潰したフリット
b0015591_00204246.jpg
前菜その4
バッカラとスカローラという野菜の煮込み

プリモ
b0015591_00204298.jpg
ミネストローネ(イメージでは野菜のスープ)のはずが、牛肉とザンポーネというソーセージみたいなクリスマスのものとフリアリエッリ(ブロッコリーの葉っぱみたいなもの)の煮込み。

そしてメイン
b0015591_00204291.jpg
ベネベント産(カンパーニアの牛)牛のステーキ。焼きはミディアムで。

食べかけですみません。

ソンマの夜が終わった。




by somma2004 | 2019-01-05 00:29 | イタリア・グルメ
<< 念願のF&Cをロンドンで 作業最終日 >>