人気ブログランキング |

クリスマス本番 ホームパーティーにお呼ばれ

先日,いつもいくレンストランに挨拶に行くと、親父さんが折らず、息子と話していたら、クリスマスに家に来なということで、25日午後から開催されるクリスマスホームパーティーに呼んで頂いた。
b0015591_15012376.jpg
玄関先にはこんな看板があった。
かれこれ、10年以上通っているレストラン「オ シャラティエッロ」は主人のサルバトーレと、息子二人(ヴィンチェンズッォとカルミネ)で経営しているレストランで、隣町ではあるが、比較的大きく、使い勝手がよいレストランである。味も当然、おいしい。なんでも、サルバトーレはずっとナポリで働いていて2004年ごろに自分の店をもったみたい。

サルバトーレと話していて、パーティーを行う彼の家は、宿舎から近いらしい。2時頃に迎えに行くとのこと。でも、実際はレストランに来て!となった。なにをしているのかと思えば,彼はハムを切っていた。
b0015591_15010890.jpg
本日のパーティーには25名くるらしい。親戚一同が集まり、25名のうち半分近くは子供(孫)とのこと。そんなにいるのか。

ハムを切り終え,ご自宅へ伺う。すでに大勢の人。奥様、息子(Vin)夫婦(および奥様のご両親)とこども3人、息子(Car)と後にその彼女、親戚筋2家族(マッシモとシチリアの方ともに子供)。お土産で柿ピーを渡す。やはり、受ける。
ナポリ風の前菜の盛り合わせ、パスタでニョッキ。なかに、モッツアレラが入っている。
b0015591_15010810.jpg
メインでトマトソースを作ったときに入れた豚肉・ザンポーネ等の盛り合わせ、で終わるかと思ったら,時間差で羊が出てきました!
b0015591_15012315.jpg
b0015591_15012403.jpg
塩を振る、サルバトーレ。
b0015591_15012484.jpg
食事が終わったら、イベントらしく子供が前に出て、ポエムを詠む。そうするとサルバトーレがお小遣いを挙げる.
b0015591_15012453.jpg
聞いたら、このあたりでは学校でクリスマスのポエムを作るらしい。それをホームパーティーで発表し、お小遣いをもらうのが風習らしい。お年玉みたいなものだろう。
b0015591_15012465.jpg
などと考えていると、サルバトーレの妹さんが隣の家からやってきて、ポエムを詠んだ。そして、やはりお小遣いをもらって帰って行った。陽気過ぎる、すてきな妹さんであった。

グラナート一族はこのあたりで住んでいたらしい。畠やウシなど家畜を飼っていたとのことである。だから家が広く,いまは分け合い,皆兄弟でいるらしい(ちなみに彼の兄2人もすてき)。また、家には多くの絵があり、それらは現場によく来ていたダビーノさんからもらったらしく、意外なところで,現場とも繋がっていた。

とても楽しい半日であった。ありがとうございました。



by somma2004 | 2018-12-27 15:19 | ソンマ ヴェスヴィアーナの日常
<< 激辛料理 クリスマス イブのソンマ >>